東広島テイクアウトマップアプリがUDC2020にて銀賞を受賞しました

2021年3月13日(土)に開催されたアーバンデータチャレンジ2020(UDC2020)にて、広島大学起業部に所属する、広島大学大学院人間社会科学研究科M1の中野瑛登さん、工学部第四類(建設・環境系)の小泉鴻一さんがプレゼン参加枠として出場しまして、見事銀賞を受賞しました。

銀賞受賞の中野瑛登さんとUDC事務局のみなさんのスクリーンショット(UDC事務局さまよりご共有いただきました)

以下のYouTube動画より、1時間25分45秒から約5分間プレゼンの様子をご視聴いただけます。

出典 [UDC2020] アーバンデータチャレンジ with インフラデータチャレンジ2020 ファイナルより

なお、本アプリは、東広島市さまならびに合同会社ひとむすびさまとの共同プロジェクトであり、コロナ禍において行政・地域・大学の三者が短期間で連携した取り組みとしてご評価をいただきました。今後も起業部員が地域社会に進出する活動を応援してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です