1st Penguin Club第一回説明会を開催しました

学生約70名が参加

11月20日に文学部棟にて、広島大学起業部「1st Penguin Club (ファーストペンギンクラブ)」第1回説明会を開催しました。
当日は、1st Penguin Clubの学生運営委員、本学卒業生で起業家の北村拓也特任助教(学長特任補佐)らが発表を行い、本学の学生約70人が熱心に聞き入りました。

1st Penguin Clubでは、経営者たち社会人10人がメンター(指導者)としてゼミを開き、学生は希望するゼミに所属し、自分のアイデアを形にします。

説明会の第1部(社会人の発表)では、メンターを代表して広島大学卒業生の山田芳雅さん(合同会社ひとむすび代表)が「いろんな起業の仕方!まずはやってみる」、北村特任助教が「学生起業で自由に生きよう!」というテーマでそれぞれ発表しました。

第2部(学生の発表)では原健也さん(文学部2年)、清水祥平さん(教育学部4年)、川村優佳さん(総合科学部4年)の学生運営委員3人が発表しました。

初めて行われた説明会に参加した学生からは「今やりたいことが形にならずに悩んでいるので、ここでそれを実現してみたい」「起業、ビジネスを勉強したい」「自分の周りにはほとんどいなかったが、起業やプロジェクトに興味のある人は多くいるのだなと感じた」などの意見が寄せられました。

また当日の様子は、2019年11月22日の中国新聞で紹介されました。

左から学生代表の原さん、北村拓也特任助教(学長特任補佐)、学生副代表の清水さん
第1部 山田さん(合同会社ひとむすび代表)によるプレゼンテーション
第2部 学生副代表の川村さんのプレゼンテーションの様子
中国新聞に掲載

コメントは受け付けていません。